独自通貨・暗号通貨開発、コンサルティング

08.16

独自通貨の開発

テクノディールは、日本で数少ない暗号通貨の開発を行っております。

世界中で幾多の暗号通貨が開発されていますが、

その開発を請け負うことのできるプログラマーは希少価値が高く、

日本国内にはごく少数しかおりません。

独自通貨の組成・開発することが出来るプラットフォームは、

ある程度存在していますが、そのプラットフォームの仕様を理解する必要があり、

どういった配布形式でICO(Initial Coin Offering)するのかなど、

・ベース通貨としてどれを選ぶか

・通貨の単位をいくらに設定するか

・通貨を何枚まで発行するのか

・独自性としてどういった機能を搭載するのか

など、実務レベルで対応するためには多くの経験値が必要とされています。

対応通貨プラットフォーム

Bitcoin、Ethereum、Ripple、Neo等

 

取引所APIとの接続機能開発

現在では多くの仮想通貨取引所がAPI対応しています。

対応取引所の例:Bitflyer、Coincheck、Bitpoint、Zaif、Quoine、Bitrexなど

これらの取引所とAPI(Application Programming Interface)を介して、

様々なプログラムを接続可能となっています。

取引所間のレートのずれを感知してトレードするプログラムや

複数の取引所に同時に発注するプログラム等、

各種プログラムを開発しております。

 

トレーディングシステム開発

FXの自動トレーディングシステム開発を利用し、

ビットコインにおいても

移動平均線やボリンジャーバンドなど、様々なインジケーターに対応し

自動売買を行うトレーディングシステムの開発をしております。

 

 

開発・コンサルティングご希望の際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ページ上部へ戻る